なぎさTOP > トピックス

通所リハビリテーションに「濡れない足湯」導入しました!(H29.3.9)

通所リハビリテーションに「濡れない足湯」を設置いたしました。

「濡れない足湯」では、特性の木枠の底面に、遠赤外線を放射する大きな天然鉱石の岩盤石を敷き、電熱ヒーターで温めます。

また、お湯の代わりのセラミックボール(こちらも遠赤外線を発します)を敷き詰め、その熱を利用して蓄熱し、足を入れてポカポカ心地よく温熱効果を味わっていただけます。さらに、肝となる岩盤石には、遠赤外線の放出が高く健康維持に有効な「温光石」を使用しております。

ご利用された方々からは、「全身が温まりじんわり汗が出てきて気持ちいい」、「足が軽くなり、ずっと温かさが続いてる」との声もありとても好評です。


通所リハビリテーションをご利用の際はぜひお試しください。


★「濡れない足湯」の効用

@岩盤浴と同じく遠赤外線を活用しますので、15〜20分の足浴で体の芯まで温まり、疲労回復になります。
A温泉の足湯よりも体が温まり「足のむくみ」がとれます。
B「つま先」が温まり、膝痛・腰痛も軽減され、夜の寝付きの改善につながります。

(H29.3.9)
濡れない足湯
濡れない足湯