TOP > 次世代育成支援対策推進法に基づく行動計画について

次世代育成支援対策推進法に基づく行動計画について

医療法人運忠会では、以下の通り一般事業主行動計画を策定いたしました。


  1. 計画期間
    • 平成23年4月1日〜平成26年3月31日までの3年間

  2. 内容
    • 目標1
    • 計画期間内に、育児休業等取得状況を男性職員は1人以上、女性職員は取得率を70%以上とする
    • <対策>
      • 平成23年5月〜 育児休業取得の状況を把握する
      • 平成23年8月〜 男性が育児休業を取得しやすいように、リーフレットを作成し配布する
      • 平成23年11月〜 役職者を対象とした制度に関する勉強会の計画と実施・周知
      • 平成24年1月〜 継続的にイントラネットや週報等で周知・啓発を実施する

    • 目標2
    • 育児短時間勤務制度および育児のための所定外労働免除の対象年齢を、3歳未満から小学校就学前までに拡充する
    • <対策>
      • 平成25年1月〜 育児休業規程の見直し
      • 平成25年3月〜 規程の作成・届出
      • 平成25年4月〜 イントラネットや週報等で全職員へ周知

    • 目標3
    • 育児休業諸制度について、周知啓発に努め利用しやすい環境づくりを行う
    • <対策>
      • 平成23年8月〜 育児休業諸制度に関する事項についての資料を作成・配布し、制度の周
      • 知・理解を深める
      • 平成23年11月〜 役職者を対象とした制度に関する勉強会の計画と実施・周知

    • 目標4
    • 年次有給休暇の取得の促進のための措置の実施
    • <対策>
      • 平成24年1月〜 年次有給休暇の取得の現状を調査・把握する
      • 平成25年1月〜 計画的な取得にむけて役職者会議(年1回)の計画
      • 平成25年2月〜 各部署において年次有給休暇の取得計画を策定する
      • 平成25年3月〜 週報・イントラネットにて職員に周知する

▲ページの先頭へ